グループホーム ウェルえびす

グループホーム(認知症対応型共同生活介護)とは

グループホームは、医師から認知症と診断された方で、介護度が要支援2以上の方(要支援1または自立の方はご利用できません)が9人を1ユニットとして、共同生活を送っていただく介護保険のサービスです。
普段は、共有スペースでTVを観られたり、新聞を読まれたり、または裁縫などの趣味の事をして過ごしていただきます。もちろん個室で過ごされるのも自由です。
他にも皆さんでレクリエーションをしたり、お花見や外食等の外出も行います。
ウェルえびすでは、春には『吉海バラ公園』に出掛けたり、夏には、目の前で行われる『おんまく』の花火大会を見物したり、秋には玉川で『紅葉狩り』、冬には、神社に『初詣』に行ったりとさまざまな季節行事も行っております。

グループホーム ウェルえびすの施設

間取り図